月別アーカイブ: 2014年10月

天皇賞・秋 確定枠順

イスラボニータは7枠15番/天皇賞

 中距離NO・1決定戦、天皇賞・秋(G1、芝2000メートル、11月2日=東京)の枠順が30日、確定した。

古馬陣に立ち向かう皐月賞馬イスラボニータ(牡3、栗田博)は7枠15番、G1・6勝と実績上位のジェンティルドンナ(牝5、石坂)は1枠1番、春秋連覇を狙うフェノーメノ(牡5、戸田)は5枠9番、エピファネイア(牡4、角居)は3枠5番、マーティンボロ(牡5、友道)は7枠14番に入った。

勝ち馬投票券は31日にウインズ新橋、後楽園、難波、梅田の4カ所で、11月1日からは全国のウインズ、競馬場などで発売される。

<天皇賞・秋:確定枠順>

1枠1番 ジェンティルドンナ

1枠2番 ヒットザターゲット

2枠3番 デニムアンドルビー

2枠4番 スピルバーグ

3枠5番 エピファネイア

3枠6番 ダークシャドウ

4枠7番 サトノノブレス

4枠8番 ディサイファ

5枠9番 フェノーメノ

5枠10番 ペルーサ

6枠11番 ラブイズブーシェ

6枠12番 フラガラッハ

7枠13番 カレンブラックヒル

7枠14番 マーティンボロ

7枠15番 イスラボニータ

8枠16番 トーセンジョーダン

8枠17番 アスカクリチャン

8枠18番 マイネルラクリマ

天皇賞(秋)、アルテミスS、スワンS、調教採点

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ クリックお願いします
・まずはメールマガジン登録お願いします→メルマガ登録はこちらから
(軸情報、このページの紙面予想も含めて一番先に情報が届きます)
勝ちたい方は有料コースをお申し込み下さい!

勝利の最短コースです。

9月19日から、得意のダート重視で勝負します
全レース的中を目指しますので、是非、ご期待下さい。

天皇賞・秋調教採点
1位 97点 イスラボニータ
美浦ウッドで併せ馬。直線入り口で4、5馬身前にいた相手を
抜群の瞬発力で抜き去った
2位 96点 カレンブラックヒル
栗東坂路で50秒7の好時計をマーク。
調教とレース結果が直結するタイプで要注意だ
3位 95点 ジェンティルドンナ
栗東坂路で追う。単走ながら気合乗り抜群。
休み明けだが戦闘モードに入っている
アルテミスS調教採点
1位 96点 メイショウメイゲツ
 美浦坂路で豪快にパートナーを突き放した
2位 95点 シングウィズジョイ
 栗東坂路で併せる。ラスト1ハロンの加速鋭く、1馬身先着した
3位 95点 シャルール
 栗東坂路で2馬身先着。やや内めを通ったとはいえ、最後まで素軽かった
スワンS調教採点
1位 フィエロ 95点
 坂路で追走して併入。休み明けだが仕上がり上々
2位 サダムパテック 95点
 体を柔らかく使った走りが好感。時計以上の出来
3位 オリービン 95点
 全体、しまいとも好時計。前走勝利の好調を維持

 

↓是非是非↓


2014天皇賞 秋 スワンS

<天皇賞・秋>

 過去10年を参考。

 ★軸は1番人気馬 1番人気は【4・3・1・0】で連対率70%、複勝率80%。頭狙いに限るとやや心もとないが、軸としては十分な信頼度がある。ちなみに、馬券に絡まなかったのは06年5着スイープトウショウ、11年4着ブエナビスタで、どちらも5歳牝馬。ジェンティルドンナが1番人気に推されるようなら危険信号か?

 ★4歳馬が若干優勢 年齢別の勝ち数トップは4歳馬の5勝で、5歳馬が4勝で続く。09年にカンパニーが8歳で勝ったのは例外的。連対率も4歳が21・4%でトップ。3歳馬は1着こそないが17・6%と、5歳馬の13・7%より高い連対率があり、軽視は禁物だ。

 ★前走掲示板外は消し 前走着順別では、前走1着馬が4勝、2着3回。前走2着馬が5勝、2着2回と素直に狙い目となっている。前走3~5着馬も本番で2着が5回ある。逆に前走で掲示板を外していて、本番で連に絡んだのは12年1着のエイシンフラッシュ(前走毎日王冠9着)1頭だけ。前走着順が悪い馬は割り引きたい。

<スワンS>

 過去10年を参考。

 ★波乱の可能性大 1番人気が【1・1・1・7】と不振。2番人気にいたっては【0・0・0・10】の3着以内ゼロとまったくいいところがない。一応3番人気が【3・2・2・3】で連対率50%と頑張っているが、上位人気馬でも過信は禁物だ。8、10、11、14人気が1勝ずつ挙げており、大駆けに注意。

 ★4歳馬断然 年齢別では5勝、2着6回の4歳馬が断然優位。連対率31・4%も抜けて高い数字だ。連対率では7歳11・8%、3歳10・7%と続く。6歳馬は連対率5・9%と低めだが、2勝を挙げている。勝ち星がなく、連対率も4・5%と低い5歳馬は割り引き。

 ★スプリンターズS組は過信禁物 前走別の勝利数は、スプリンターズS組とポートアイランドS組が3勝ずつでトップ。ただし前者は連対率7・1%で、後者は15・8%と開きがある。スプリンターズS組はG1から転戦で人気を集めても信頼度は低い。前走G1組を狙うなら、連対率14・3%の安田記念組の方が面白い。