3月1日 中央競馬情報

武豊「非常に残念」仲間が後藤騎手を悼む

35f8eef0

日本騎手クラブ会長の武豊騎手(45)が28日、
阪神競馬場で前日に亡くなった後藤浩輝騎手を悼んだ。

 

関係者から知らされたといい、
「非常に残念で悲しい。先週も落馬の翌日に気丈に乗っていただけに・・・。
緒に乗ったのが最後。先週は会っていなくて・・・。なんでか分からない」と
絞り出した。この日は喪章をつけて騎乗。
「彼の分も競馬を頑張らないといけない」と悲痛な表情で話した。

 

また、家族ぐるみで付き合いがあった福永祐一騎手(38)は
「つい最近まで連絡を取り合っていた。
まだ実感が湧いていないのが正直な気持ち。
性格をよく分かっているけど、いろんな人への気遣いをして準備する人。
応援してくれた人に思いやりをもっていた人で、
何も言わずに逝く人じゃない」とまだ信じられない様子だった。

☆★☆★☆★☆★

伏兵ヤングマンが制す/アーリントンC
<アーリントンC>◇28日=阪神◇G3◇芝1600メートル◇3歳◇出走12頭
関東の伏兵ヤングマンパワー(牡3、手塚)が、大接戦のゴール前から首差抜け出した。
道中は中団の前あたりを追走。少し頭の高い走りながら、
坂を上がって一気に加速。外から迫るアルマワイオリ以下を振り切った。
勝ちタイムは1分35秒9。2着にはアルマワイオリ、
3着にはマテンロウハピネスが入った。
馬連(4)(8)1万610円、馬単(8)(4)2万7340円、
3連複(4)(8)(11)3万6580円、
3連単(8)(4)(11)32万5370円。

☆★☆★☆★☆★

フィールザスマート快勝/総武S
4a7cb70c

<総武S>◇28日=中山◇オープン◇ダート1800メートル◇4歳上◇出走12頭
2番人気のフィールザスマート(牡4、新開)が快勝した。
道中は好位を進み、直線で先に抜け出したキクノソル、
ノースショアビーチの間を一気に突き抜けた。
田中勝騎手は「力をつけている」と笑顔。
新開師も「強い競馬だった」と満足そうだった。
次走は3月26日名古屋の名古屋大賞典
(統一G3、ダート1900メートル)に向かう。

☆★☆★☆★☆★

大久保洋師ラストラン4着、有終飾れず

cc39206a

大久保洋師のラストランは4着だった。
中山11R総武Sに3連勝のベルゲンクライで挑んだが、ペースが上がらず4着。
「最後、何とかしたかったんですけど」という愛弟子、
吉田豊の願いは届かなかった。
レース後、吉田豊から花束を贈られると、
「あいよ。また頑張って」とひょうひょうと受け取る一方で、直後の会見では
「まだ努力が足りない」と愛情たっぷりに叱咤(しった)激励した。
師弟で築いた勝ち星はメジロドーベルのG1・5勝を含む370勝。
JRA878勝の名伯楽は「上見りゃキリないが格好ついた。
いい時代にやらせてもらった」と笑顔で締めくくった。

阪急杯調教採点
1位 コパノリチャード 96点
 馬なりで坂路4ハロン51秒3。調教と実戦が結びつくタイプ
2位 レッドオーヴァル 96点
 前半飛ばしながら、ラストも12秒3ときれた
3位 オリービン 95点
 馬なりのまま軽快な走り。かなり具合はいい
阪神 芝は好走歴のある巧者を狙う手も

 

阪神競馬初日は晴天のもと、芝は良、ダートはやや重でスタートした。

 

ダートは脚抜きのいい状態。
2R3歳未勝利戦(ダート1800メートル)が1分53秒2と
水準以上の時計で決着しており、
速いタイムが出る馬場だ。坂のある阪神だけにセオリーは差し馬重視だが
馬場が回復するまでは持ち時計のある先行馬に注目か。

 

芝は開幕週で良好な状態とはいえ、
5R3歳未勝利戦(芝1800メートル)は1分49秒0と少し時計を要した。京都に比べて力のいる阪神らしい時計か。
切れ味オンリーでは厳しい馬場で
過去に阪神で好走歴のある巧者を狙う手か。
中山 ダートは前有利、芝も逃げ先行注意

 

晴れ。芝は良、ダートは重でスタート。
ダートは追い込みも決まっているが、
それでも全体的には前に行った馬が有利になっている印象。
逃げ切るまでは難しいものの、好位を進んだ馬の活躍が目立つ。
末脚勝負の馬でも最低でも中団にいる必要がある。
時計は1、2Rはそれほどでもなかったが、
3Rは速かった。クラスが上がれば、
持ち時計が速い馬が台頭してきそう。
芝も5R新馬戦で逃げ馬と2番手で決着した。
開幕週でもあり、逃げ、先行馬が活躍しそう。
追い込み一辺倒では苦しいか