7月22日 中央競馬場競馬予想

jra 

7月22日中央競馬場の予想を配信します
貴方は、当たる予想を選択するだけです。
南関、中央(JRA)版の競馬予想で最強を目指します
今すぐお申し込みはこちらから

botan2
全レースまだ間に合います→詳しいコース紹介はこちら

  1. 本命コース 7レース+参考3レース 12960円 (一鞍 4320円)
  2. 1点勝負、3点勝負 30000円
  • 本日の概況
    プロイチで公開
  • 無料メルマガ も登録してください♪
    軸情報、紙面予想は、メルマガ会員に最速でお届けします
    ぜひ、メルマガ登録してください(無料です)
  • 22日お薦めレース
    福島6R,中京11R

     にほんブログ村 競馬ブログ 南関東競馬へ←福島6Rの軸を確認
     ←中京11Rの軸を確認
  • 本日の大穴気配
    無し
  • 本日の中央競馬情報
    紙面情報はプロイチ
    Facebookいいねかメルマガ登録してください
  • 昨日の予想結果
    こちらからどうぞ
  • JRA受付中(振込可能)
    先週(7月22日)の結果
    中京記念、5頭BOXで的中
    本命コース7レース中 4レース的中

    本命コースで、週末を豪華に過ごしてください!
  • 日本丸の一言
    本日、中京記念、函館2歳ステークス、開催です
    勝ちます
    中央競馬新聞にお任せください!
    勝ちたい方は、是非、ご入会を!

     

    d5b7cf66
    福島 芝は先行勢に有利、ダートは差しも十分に利く
    【福島・当日情報】福島7日目は晴れ。
    芝、ダートともに良で行われている。
    1、4Rは障害競走で、2、3Rはダート、5Rは芝で行われた。
    2Rの3歳未勝利(ダート1700メートル)は
    1番人気のジャンティエスが2着に4馬身の差をつけ逃げ切った。
    最後方から猛然と追い込んだメダリオンモチーフが2着に突っ込み、
    2番手追走のサクラボヌールが粘り込んで3着確保。
    3Rの3歳未勝利(ダート1700メートル)は1番人気のアカリダイヤモンドが
    好位から抜け出して快勝。2番手追走のマイネルラッジョが2着。
    逃げたジュノーフォンテンが3着に粘った。
    ダートは基本、前々が優位だが、
    差しも十分に利く馬場状態。末脚が確かな馬の台頭には警戒が必要。
    5R新馬(芝2000メートル)は1番人気のボスジラが3番手から直線早めに抜け出し快勝。好位から脚を伸ばしたコルクが2着に入った。
    3着には道中後方から直線鋭く伸びたゲインスプレマシーが入った。
    全体的に芝は良好な状態で、前々からしぶとく粘り込む先行勢に有利。
    差し、追い込み勢は突き抜けるのは容易でないが、
    2、3着に届く可能性は十分ある。
    馬券は先行勢を軸に、薄めの差し、追い込み馬を絡めるのが妙味か。
    4babc894
    中京 芝は最終週でも速い時計、ダートは先行有利
    【中京・当日情報】21日の中京は、晴天の下でスタートした。
    1R時点で芝、ダートともに良。
    ダートは、2歳未勝利の1R(1200メートル)は、
    2番人気のアールロッソが4コーナー先頭から押し切った。
    勝ち時計は1分12秒6。3歳未勝利の2R(1800メートル)は、
    2番人気のメモリーコバルトが好位から抜け出した。
    勝ち時計は1分55秒2。同じく3歳未勝利の4R(1400メートル)は、
    4番人気のリスペクタブルが差し切った。
    勝ち時計は、1分25秒9。
    ダートは先行有利な状態が続いているが、ペースが速くなれば差し馬も届く。
    芝は、3歳未勝利の3R(2000メートル)は、
    8番人気のヘブンリーデイズが4コーナー2番手から抜け出した。
    勝ち時計は、2分0秒8。2歳新馬の5R(1600メートル)は、
    3番人気のドラウプニルが好位から抜け出した。
    勝ち時計は1分36秒9。
    芝は最終週でも、速い時計が出る馬場状態になっている。

     

    4870c3bc
    函館 芝は前残り決着 ダートは先行馬が圧倒的有利
    【函館・当日情報】天候は曇り。
    芝、ダートとも良、ダートやや重。
    芝は1R2歳未勝利(1800メートル)と5R3歳未勝利(1800メートル)が
    行われ、1Rは断然人気ニシノデイジーが直線抜け出して快勝。
    2着は好位から伸びた5番人気トゥアレグ。勝ち時計は1分49秒7。
    5R3歳未勝利(1800メートル)は1番人気アドマイヤクィーンが2番手から
    抜け出して初勝利。2着は2番人気トーセンフレールが逃げ粘り、
    前残りの決着。勝ち時計は1分48秒2。
    今週も4コーナーで4、5番手以内につけないと苦しい。
    さらに同コーナーで内にいると勝機が膨らむ。先行有利は変わらない。
    ダートの2R3歳未勝利(1700メートル)は、
    1番人気エトワールドパリが逃げ切り。3R3歳未勝利(1000メートル)は、
    2番手につけた3番人気ヒロノオリオンが直線抜け出した。
    4R3歳未勝利(1700メートル)も
    4コーナー3番手にいたフィールドドウサンが勝った。
    前に行ける馬が圧倒的に有利だ。

     

     

     

botan

[本命コース 結果(点数、回収率)]
結果は一番高配当のものを掲載(BOXも含む)

プロイチに掲載

穴コース
裏狙い
ジロウの勝負